JW-CADの使い方ー 図形登録・図形配置

JW-CADの画面各部名称

図形登録
図形配置

図形登録

使いまわしの出来る図形は登録しておき、再度それを書く必要が出てきた時にそれを利用すれば、作業効率がアップします。メニューバーのその他→図形登録でコマンドを使えます。メニューバーの表示→ツールバー→その他(2)でツールバーを出しても利用できます。

  1. 範囲で対象図形を囲んで選択します。連続線の場合は右クリックです。図形のみの場合は範囲選択の終点を左クリックします。文字を含む時は範囲選択の終点を右クリックします。
  2. 選択確定後、基準点を指示してください。左クリックなら任意の位置、右クリックなら交点や端点などキャッチできる位置になります。
  3. 「図形登録」のボタンを押します。
  4. JWWのフォルダが出てきて、その中に建築、設備、電気などのフォルダがあります。その中に入れてもいいのですが、わかりにくくなると思います。エクスプローラなどで、JWWのフォルダー内に別のフォルダーを作る事を推奨します。図形を入れるフォルダを選択して、ファイル選択画面上部の新規ボタンを押します。
  5. 図形の名前を入力するBOXが出ますので、そこにわかりやすい名前を付けてOKボタンを押します。以上で図形の登録の完了です。

図形配置

上記で登録した図形は、図形のコマンドで配置できます。メニューバーのその他→図形でコマンドを使えます。あるいはメニューバーの表示→ツールバー→その他(1)でツールバーを出して利用する事も出来ます。図形を登録したフォルダーを開いて、図形をダブルクリックして下さい。図面上に配置できるようになります。JWWのフォルダには標準で建築、設備、電気の図形が入っています。とりあえずどんな図形が入っているか確認しておいて下さい。1/1の縮尺で入っていますので、縮尺によっては大きすぎて収まりませんので、図面の縮尺を変えて配置して下さい。


マウス操作と画面操作  直線  矩形    文字  寸法  2線  中心線  連線  AUTO  範囲  複線  コーナー  伸縮  面取  消去  複写  移動  包絡  分割    接線  接円  ハッチ  建具平面  建具断面  建具立面  多角形  曲線  ブロック化  ブロック解除  中心点  線上点  鉛直・円周点  画像編集  
印刷
環境設定ファイルについて ファイル 測定 画面表示の記憶 レイヤーの使い方 データ整理 属性変更 表示 基本設定 軸角・目盛・オフセット 属性取得 線属性 レイヤー非表示化 角度取得 長さ取得 図形登録 図形配置 線記号変形 座標ファイル 外部変形 パラメトリック変形  寸法図形化 寸法図形解除  
PDFファイルの作成  PDFファイルの結合  PDFファイルの分解  PDFファイルからDXFファイルへ変換

背景色 歴史と名称 バージョンアップ 求人募集

一口メモ  JW-CAD では、同じコマンドでも様々な方法で呼び出し出来るようになっています。ツールバー、クロックメニュー、キーボードショートカット、メニューバーとどれにしたらいいか迷うほどあります。このサイトでは、ツールボタンによる方法を中心として解説してあります。

★自動車の日常点検は必ずやりましょう。
タイヤの亀裂や損傷 ⇒ タイヤの亀裂や損傷を目で確認します。タイヤに付いた釘や石で、思わぬトラブルになることもあります。自動車事故は、小さな原因で誘発されて発生することが数多くあります。

JW-CADの使い方のTOPへ戻る

電気工事士ネット

Copyright(C) 2006 JW-CADの使い方. All rights reserved.  プライバシーポリシー